Windows10からパスワード無しの共有フォルダやNASに接続できない

 以前「Windows10でネットワーク共有PCが表示されない」で、共有PCやNAS(LAN DISK)に接続できないケースです。接続できないと言っても、全然接続できないわけではなく、ユーザー名とパスワードを設定せず同じLANに繋がっている人たち誰でもアクセスできるようにしている共有フォルダやNAS(LAN DISK)への接続が拒否されるというものです。筆者も客先でこれにハマりました。(私の使うPCや共有フォルダはパスワード登録して使っているので、こんな事態は発生した事ないんで)

 この現象はWindows10 Fall Creations Update(バージョン1709)以降セキュリティ設定が強化され匿名認証がデフォルトでは無効化されたことに起因します。そのせいでアクセス制限を設定していないNASのフォルダや共有フォルダに接続できなくなったわけです。

以下対処法です。

その1 フォルダに対してアクセス制限を設定

この方法がセキュリティ的には正当な対応でしょう。接続する相手PCやNASにユーザーとパスワードを登録し共有フォルダにはアクセス制限を設定して、そのユーザー名でアクセスできるように設定します。
ただ諸般の事情などでそれができない場合は、以降の方法を試してみてください。

その2 グループポリシーエディタが使える場合(Windows10 Pro以上)

(Windows10 Homeではグループポリシーエディタが使用できないので「その3」の方を試してみてください。)
スタートボタン横の検索ボタンを押して入力欄に gpedit.msc と入力してEnterキーを押すとグループエディタが起動しますので、「コンピュータの構成」「管理用テンプレート」>「ネットワーク」>「Lanmanワークステーション」とツリーを辿り、そこの「安全でないゲストログオン」の設定を未定義から有効に変更します。設定後はPCを再起動しないと反映されないと思います(たぶん)

その3 レジストリの設定による変更

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters
 名前:AllowInsecureGuestAuth
 データ:1(有効)
        0(無効)規定値
上記レジストリ(存在しない場合は作成する)の値を1にします。
もしくは以下のデータをAllowInsecureGuestAuth.regという名前のファイルとして保存して、ダブルクリックしてレジストリの追加をしてもOKです。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters]
"AllowInsecureGuestAuth"=dword:00000001

Window共有関係は過去の互換性やその後の仕様変更、セキュリティ強化がらみでかなりカオスな状態になっています。マイクロソフトのOSのアップデートの時の仕様変更のアナウンスもわかりづらいですしね。「匿名アカウントの認証がデフォルトで無効となりました」なんてアナウンスで、こんなことがおこるなんてわかる人は少ないまではないかと思います。

これ以外にもFall Creations Update(バージョン1709)以降のWindows10がマスターブラウザになっていると、そのPC以外のPCでエクスプローラ画面にネットワークPCが表示されなかったり、一部しか表示されなかったりする不具合があったりします。これも今回書いたセキュリティの強化による副作用らしいですが、どういう対策が良いのか情報を探しているところです。

カテゴリー: コンピュータ パーマリンク